無料ブログはココログ

-天気予報コム-

日記・コラム・つぶやき

2011年1月23日 (日)

ブログの引っ越し

アメブロに引っ越ししようかと思っています。新URLは「http://ameblo.jp/waseda708/」です。ココログは悪くはないのですが、少しデザインを変えたりすると、途端に動作が緩慢になります。アメブロの方は、機能が多くて面白そうだけれど鬱陶しいような気がしないでもないとも言えますが、、、。まぁ、結論は暫く先になるかと思います。

2011年1月21日 (金)

演歌2:「紙のピアノ」と言う曲

川野夏美さんと言う若い方が歌っている曲です。この方、演歌歌手で、いわゆる「演ドル」で、歌はお上手ですが、比較的若くて私の娘くらいの年齢の型です。実生活では年齢の離れた息子しか居ませんが、、、。正月に千葉テレビでやっていた「行く年来る年歌合戦」の司会をなさっていた方です。youtubeでこの方の動画を物色していたら「紙のピアノ」と言う曲に行き当たりまして、、、実は、この手の曲には非常に弱いモノで、聴くたび、見るたびに。恥ずかしながら号泣状態になります。親父の葬式でも此処まででは無かったと思います。

そのようなわけで、CDは注文してあるのですが、仮に届いたとしても往復の自動車の中では少々危険なので聴くわけには行きません。現在、毎日聴いて運転中にも支障なく聴くことが出来るように免疫を付けるべく努力中です。長浜有美さんの「人生って」と言う曲もホロっと来てしまうので運転中に聴くことが出来るようになるべく努力したら1週間も掛からずに免疫が付きましたが「紙のピアノ」の方はかなり手強くて、中々免疫が付きそうにありません。

2011年1月15日 (土)

高所剪定用ノコギリ2

Caqjg3uw 先日、幸手のジョイフル本田で買い求めた高所剪定用ノコギリで作業した残骸です。直径20mm程度までだったらガーデニング用シュレッダー(伐採済み小枝粉砕器)で処分することも出来るの序でに買ってしまおうと思わないでもなかったのですが、このノコギリだけで15000円以上支払っているので追加支出は少々辛いし、結構太い幹の部分まで伐採していますからシュレッダーでは無理です。

一番太い部分は、最終的には物置からチェーンソーを持ち出さなければ無理だと思いますが、取り敢えずは電動丸ノコで小さく切断すれば普通の可燃ゴミとして始末できます。まぁ、伐採した小枝の後片付けなんて決して面白い作業では、春先くらいまで掛けるつもりで少しづつ作業して行くつもりです。

2011年1月13日 (木)

スタッドレスタイヤ

随分前に履き替えてあるのですが、今の処は何の役にも立っていません。現状では騒々しくて制動距離の長い夏用タイヤ状態です。それでも、今冬に入ってからラジオの天気予報では放送されない程度にだったら東京都新宿区内でも雪が降ってはいるのですが、、、スタッドレスタイヤが充分に実用になるのは、やはり撮影目的で遠出した時だけでしょうか。それにしても、温暖化、温暖化、と言われる割には今冬は随分と寒くて身に染みる感じがありますね。

2011年1月10日 (月)

高所剪定用ノコギリ

Image1 薙刀の親戚みたいな形状ですが、ジョイフル本田で買い求めた高所剪定用のノコギリです。私が買ったのは3段伸縮・最大長4.9mのものですが、4段伸縮で最大長6.4mのものもあります。4.9mで恐らくは充分だろうと思って買ったのですが、やはり正解でした。この写真は目一杯縮めた状態で撮影していますが、これでも私の背丈よりも遙かに長いです。問題は、買い求めたのは幸手のジョイフル本田なのでどうやって持ち帰るか、、、まぁ、斜めに突っ込めば自動車の車内にどうにか入ります。軽自動車でもワンボックスなら問題なく入るでしょう。

効果の程は、、、凄いの一語に尽きます。実は敷地外の某電力会社の電線に微妙に柿の木の枝が覆い被さっていたのですが、正味2時間も作業しないで電線に掛かっている部分の枝は全て打ち落としました。現在、拙宅の庭はタキギ置き場状態となっています。打ち落としてあれば柿の枝なんざ、電動丸ノコとチェーンソーを使えば簡単に始末できます。こいつぁ正月から有益な道具を買ったもんだわ。

2011年1月 9日 (日)

牛久大仏

Photo浅草の東本願寺に初詣に行ったのですが「御名号(いわゆるお札)は扱っていません」と言われたので、同じく東本願寺が運営母体の牛久大仏へ行ってきました。

宗旨の関係もあってここ暫くは毎年牛久へ行っているのですが、今年は地元の氏神様→東本願寺→牛久大仏と、3箇所で初詣をしました。ご利益も3倍にならないだろうか(^^;;)。

2011年1月 4日 (火)

仕事始め

本日(1月4日)から仕事再開です。今朝は流石に走る自動車も少なめです。今日辺りは出勤していても余り仕事も多くはないのですが、ベンチウォーマー的な仕事もやっているので待っているのも仕事の内です。この辺りが生産現場、作業現場とは違うところでしょうか。正月休みは全くの寝正月状態で、庭の植木の手入れをしたり、取り貯めてある演歌番組をみたりしていました。大沢桃子さんの振り袖、可愛かったのですぐにCDを注文してしまいました。竹川美子さんは、、、近所の自動車工場の奥さんの若い頃にそっくりでびっくりです。新しいカメラ(E-PL1)を買ったとはいうものの、寒さにめげて未だ本格的な撮影には持ち出していません。来週末の3連休は何処かに出掛けるかな、、、。

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。大晦日は、大掃除と、年賀状作りと、「年忘れにっぽんの歌」に追いまくられて、随分とバタバタしていました。本当ならば2週間くらいは年末・年始に休みたい処ですが、とてもじゃないけど当分は夢のまた夢、今年も公私共々あくせくする日々が続くことになりそうです。

全然違う話ですが、年金定期便の支給予想金額と、某生命保険会社の個人年金の支給金額を合算合計すると、、、夫婦二人でどうにかカツカツの生活は出来そうです。どちらか一方が大病したらそれっきりですが、、、。おっと、宝くじの当選番号を見るの忘れてた。1億円以上当っていたら、今月中に仕事止めてやろうと思っていますが、そう巧くは行かないだろうな。

2010年12月27日 (月)

演歌1

ちょっとした理由から、まぁ、余りおおっぴらに書くのもどうかと思うような理由から、最近では演歌ばかり聴いています。元々演歌自体は嫌いでは無かったですが、ここまでのめり込んだのは初めてかも。演歌自体は様式性の強い音楽ですが、そう言った点ではベルディやプッチーニ辺りの作曲家までの、いわゆる「番号オペラ」に相通じる点があります。但し、私が「良いなぁ」と思う演歌の歌手の人はほぼ全てマイナーな人ばかりです。カルクブレンナーだとかシュテンハマルだとか、私が好きになるクラシック音楽の作曲家も比較的マイナーな人ばかりなので、マイナー指向の人生は変えようが無いみたいです。

2010年12月 3日 (金)

カーナビの呪縛

借用中の勤務先近くの駐車場には、通常は南西方向からバックで入るようにしています。北東方向からならば前進状態のまま入ってきて、南西方向に前進状態で出て行くことは出来ます。実際に、カーナビ(ミニゴリラ)の指示に従うとこのコースを指定してくるのですが、途方も無い急カーブの連続です。東京市牛込区内の空襲に遭ってない古い住宅地なので道路が狭いのは当然ですが、北東方向の路地の入口には「この先普通車以上通行困難」と書いた牛込警察署の名前入りの立て札が建っています。「それならば普通車は通れるな」と勝手に思い込んだのが運の尽きで、「普通車以上困難」と言うのは「普通車も困難」と言う意味ですから、幾ら小さいとは言え、我が愛車ソリオでも四苦八苦することは目に見えています。その事に気付いたのは路地に入ってしまってからなんですが(泣)。

最初は大家夫人に「この先も(北東方向から)道なりに道路がありますよ、私は自動車に乗らないから通れるかどうかは判らないですけど」と言われて警戒していた経路なのですが、やはり警察の立て札にウソはありませんでした。途中で、前進状態で進入してきたにも拘わらず4回も切り返さなければ通過できないT字路に出くわした時には、率直に言って泣けてきます。「普通車云々」の文字を見て5ナンバー枠一杯の自動車に乗って免許取り立ての人が入ってきてしまったら一体どうするのだろう? 実際に私が微速前進で通過していると、周囲の住宅の中から好奇の視線をひしひしと感じます。普通には軽自動車がごくたまに入ってくる程度なのに曲がりなりにも普通乗用車が、それもピンクメタリックの胡散臭い自動車に白髪頭のとっつぁんが乗って仕切りに切り返しを繰り返しているのですからなんとも奇妙な見世物ですな。

まぁ、無批判に他人の言うことなんか信じちゃいけないと言う、反面教師のような話でした。

より以前の記事一覧