無料ブログはココログ

-天気予報コム-

携帯・デジカメ

2011年1月 9日 (日)

オリンパスE-PL1(2)

初めて、マトモに撮影に持ち出してみましたが、AFは異様にトロいです。白っぽい車体の車輛を至近距離で撮影したりするとレンズが行ったり来たりを始めます。その昔に使っていて嫌気がさして処分したミノルタのディマージュ7に近い感じです。これだと、鉄道写真の撮影にはかなり不向きです。仕事用のブツ撮りと、薄暗い博物館内部での保存車輛の撮影専用かなぁ(笑)。気の迷いでf1.8のレンズを持っている新型のオリンパス製コンパクトデジカメを買ってしまおうかと思っていたのですが、あっさりと思いとどまりました。AFの性能に関しては、同じマイクロフォーサーズ機ながら、パナソニックのG1の方が遙かに優秀です。鉄道写真目当てだったら、オリンパス光学のカメラは買うべきではないと思います。私は、、、最初からE-PL1は予備機のつもりだったから良しとします(ほぼ言い訳)。

2010年12月29日 (水)

オリンパスE-PL1

自分自身へのお歳暮?として、オリンパスのE-PL1を買いました。今年買ったカメラはこの1台のみです。パナソニックのマイクロフォーサーズ機も悪くはないのですが、オリンパス製レンズばかりが増殖しているし、手ぶれ補正機構を持たないレンズでも補正できるという点でオリンパス機に食指を延ばしました。内心、古いプラクチカマウントのレンズでも探してきて遊んでみようかと思っています、、、と言うよりも、古いレンズで商品構成の想像が付くのはタクマー、オートタクマー、スーパータクマー、SMCタクマー位なので、これしか遊びようがありません。またしてもインダスター50なんて探してくるかなぁ(笑)。

2010年10月24日 (日)

ICレコーダー兼携帯ラジオ

Image1 ICラジオに携帯ボイスレコーダーがついたモノ?を買ってみました。自動車で遠出の際にラジオだけが友達なので(笑)自宅でも聞きたくなったような次第です。単体だと13800円+ポイント還元10%、クレードル付きだと19800円+ポイント還元10%です。私はこの手のセット売り商品に弱いので、迷わずクレードル付きの方を買いました。

2010年10月10日 (日)

ブツ撮り、と言うか、商品撮影3

一番簡単な照明方法は「照明しない」こと、これに尽きます。素人にまともな照明なんて、どう考えても無理な話だから、そんな思い上がった事はあっさり止めて、日陰で撮影すればそれで済むことです。その代わりにコントラストはやや低下気味になると思うので、ちょっとだけ画像処理ソフトで弄ってやればそれでお終い。Webショップや単なる企業のサイト程度だったら、組織内の人間が仕事の合間に作業するならばこれで充分で、これ以上手間を掛けるのは無益です。これ以上のものを要求するのならば、マトモに代金を支払って外注に出した方がよいと思いますが、高い金を取ってまともなサイトが作れない自称Webデザイナーは無数にいるので、カモにされないように要注意です。

何を書いているのか、自分でも判りかねるような文章になってしまいましたが、撮影の才能の無い奴に限って照明機材の話は持ち出すけれども照明自体の話は持ち出さない、まぁ、外野に邪魔されないように注意した方がよいです。

ブツ撮り、と言うか、商品撮影2

鉄道模型の撮影も同様だと思うのですが、この手の話だったら、最初に「どの照明機材を使えば良いのか」と普通は考えると思います。でもって、照明機材のことを考えたとしたら、その時点で撮影は失敗だと思います。本職で腕の良い人ならば照明機材を思案するのは当然だと思いますが、そんなものを素人が使いこなすのは100年早すぎます。自分自身、社内で頼まれての商品撮影だったら散々繰り返していますが、私自身が気にしているのは(1)汚らしい影を出さない、(2)清潔感のある背景を使う、(3)光が均等に廻る、とまぁ、この3点だけです。Webショップとか、普通の企業のサイトだったら、この程度だけで充分だと思います。

2010年10月 3日 (日)

ブツ撮り、と言うか、商品撮影

今日は、Image5 年内発売予定の新製品を持ち帰ってブツ撮りやってました。拙宅は南が道路、庭があって北側に家作がある、と言う敷地は位置なので写真のように自動車のリアゲートに模造紙を貼り付けて南を向いて撮影すれば好都合に日陰になります。やってることはグラビアアイドルの撮影は必ず逆光で、と言うのと大差無いというか、順光での撮影だと強い影が出て明暗差が出来てしまうから日中屋外でのブツ撮りはこうやって日陰で撮影するのが最適です。もっとも、このサンプル写真は午前中の撮影で、未だ日陰になりきって以内からもう少し経ってから本番撮影をしたことは言うまでもありません。

2010年6月27日 (日)

M-ZUIKO 14~150mm

またしてもオリンパス光学のレンズを買いました。先日、我孫子道へ行って、いわゆるダブルズーム体制で撮影していて散々後悔させられたので思い切って飛び付きました。拙宅のDMC-G1は言わずと知れたパナソニックのマイクロフォーサーズ機ですが、現状ではパナレンズが2本、オリレンズが2本、結局は手ぶれ補正有効率?50%になっちゃいました。なんと言うか、オリンパス製品の方が琴線に触れるものがあるので、パナ製品が増殖する余地は少なそうです。

2010年5月19日 (水)

続・カメラの修理

翻って、家電製品のようなモノを取り扱っている我が勤務先でも同じようなことが出来るのか、、、と言えば、100%無理です。先ず、即時修理と言うことをするからには短時間で作業が済むように単純な部品交換で済ますような修理しかできないはずです。要するに10000円のものを10000台売れば売り上げ1億円ですが、100万円のものを100台売っても1億円、売上金額は同じでも出荷台数は100倍の開きがありますし、「単純な部品交換で済ますような修理」をするためには潤沢な部品在庫を持つ必要があります。たった100台のために潤沢な部品在庫を持つことは出来ないでしょうが、10000台出荷した商品のためならば部品在庫センター?と連携していれば、別に困難ではないと思います。

同時に、社員数の多い企業であれば修理担当者が修理に専念することはできると思いますが、我が勤務先のような零細企業の場合は、それは不可能です。営業だろうが、チェンジニアだろうが、私のような単なる倉庫番兼出荷係だろうが、営業対応はしなければならないし、架かってきた電話の応対もしなければなりません。修理専念なんてのは夢のまた夢で、やはりスケールメリットというのか、相当数の出荷を見込むような会社ならではのサービスと言えます。もっとも、高額商品であれば1本釣り的な販売方法を採るでしょうから、何も客の目の前でショールーム的な場所で修理するというような演出は最初から考えないで済むとも言えます。

結局は、即時修理、即日修理、なんて言うのは企業としての充分な体力のある大手家電メーカーにしか出来ないサービスであるとも言えます。実用品として割り切ることが出来る品物であれば、その種のサービスを受けることが出来るのか出来ないのか、或いは、どんなに即日サービスを謳われてもサービス拠点まで往復するのに1日掛かりと言うような場所に住んでいる顧客に対する訴求はどうするのか、、、色々と考えさせられることも多く、興味深い体験をしました。

2010年5月18日 (火)

カメラの修理

愛用しているパナソニックのマイクロフォーサーズ機が不調となり、修理に出しました。出した相手はパナソニック・テクニカルサービスと言うのか、秋葉原出店で話題となっている、即時修理のサービス拠点です。機種は限られますが、最近のコンパクトデジカメとか,ノートパソコンなどであれば,待っている間に修理をしてくれてガラス窓の外側から修理状況を見学していることも可能、と言うアノ場所です。具体的には旧ラオックスのザコン(ザ・コンピュータ館)の西側と言うか、神田明神の近くです。マイクロフォーサーズ機は即日修理の対象ではないのですが、それでも日曜日の09:20くらいに持ち込んだら,その日の夕方には修理完了の電話がありましたから凄いものです。

製品が故障するのは止むを得ないことですから、メーカーに対する評価はその後のアフターサービスの対応次第と言えます。こうやって、直ぐに持ち込める場所にサービス拠点が在って、修理も直ぐに完了するのであれば、次の購入する機種もパナソニックにしようかと思うわけです。因みに、拙宅にはエプソンダイレクトのノートパソコンが3台あって、今すぐ修理に持ち込む必要性はないのですが、それでもパナソニックのように簡単に修理品を持って行ける場所にサービス拠点が無いのは厄介です。エプソンダイレクトの場合は直売ですから販売店は通しませんが、販売店経由で修理を出すというのは、途中に取り次ぎが入る分だけ時間が余分に掛かりがちでなんとなく面白くないもんです。やはり、パナソニックみたいな対応が良いなぁ。

2010年4月24日 (土)

オリンパス光学の広角ズームレンズ9mm~18mm

P1010588_3 画角の広いレンズが欲しかったので、手ぶれ補正が使えないことを承知で買い求めてみました、、、と言ってもかなり前に予約注文してあったので、支払い自体は既に済んでいます。オプションのフィルターとレンズフードを取り付けても200gを切りますし、この画角でフィルタ径はφ52ですからかなりの小型軽量ぶりです。沈胴させておくとパンケーキレンズが少々厚ぼったくなった程度の大きさでしかないので、中々格好が宜しいです。