無料ブログはココログ

-天気予報コム-

« 自動車通勤 | トップページ | 松葉スポーク »

2010年12月 3日 (金)

カーナビの呪縛

借用中の勤務先近くの駐車場には、通常は南西方向からバックで入るようにしています。北東方向からならば前進状態のまま入ってきて、南西方向に前進状態で出て行くことは出来ます。実際に、カーナビ(ミニゴリラ)の指示に従うとこのコースを指定してくるのですが、途方も無い急カーブの連続です。東京市牛込区内の空襲に遭ってない古い住宅地なので道路が狭いのは当然ですが、北東方向の路地の入口には「この先普通車以上通行困難」と書いた牛込警察署の名前入りの立て札が建っています。「それならば普通車は通れるな」と勝手に思い込んだのが運の尽きで、「普通車以上困難」と言うのは「普通車も困難」と言う意味ですから、幾ら小さいとは言え、我が愛車ソリオでも四苦八苦することは目に見えています。その事に気付いたのは路地に入ってしまってからなんですが(泣)。

最初は大家夫人に「この先も(北東方向から)道なりに道路がありますよ、私は自動車に乗らないから通れるかどうかは判らないですけど」と言われて警戒していた経路なのですが、やはり警察の立て札にウソはありませんでした。途中で、前進状態で進入してきたにも拘わらず4回も切り返さなければ通過できないT字路に出くわした時には、率直に言って泣けてきます。「普通車云々」の文字を見て5ナンバー枠一杯の自動車に乗って免許取り立ての人が入ってきてしまったら一体どうするのだろう? 実際に私が微速前進で通過していると、周囲の住宅の中から好奇の視線をひしひしと感じます。普通には軽自動車がごくたまに入ってくる程度なのに曲がりなりにも普通乗用車が、それもピンクメタリックの胡散臭い自動車に白髪頭のとっつぁんが乗って仕切りに切り返しを繰り返しているのですからなんとも奇妙な見世物ですな。

まぁ、無批判に他人の言うことなんか信じちゃいけないと言う、反面教師のような話でした。

« 自動車通勤 | トップページ | 松葉スポーク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自動車通勤 | トップページ | 松葉スポーク »