無料ブログはココログ

-天気予報コム-

2011年1月23日 (日)

ブログの引っ越し

アメブロに引っ越ししようかと思っています。新URLは「http://ameblo.jp/waseda708/」です。ココログは悪くはないのですが、少しデザインを変えたりすると、途端に動作が緩慢になります。アメブロの方は、機能が多くて面白そうだけれど鬱陶しいような気がしないでもないとも言えますが、、、。まぁ、結論は暫く先になるかと思います。

2011年1月21日 (金)

演歌2:「紙のピアノ」と言う曲

川野夏美さんと言う若い方が歌っている曲です。この方、演歌歌手で、いわゆる「演ドル」で、歌はお上手ですが、比較的若くて私の娘くらいの年齢の型です。実生活では年齢の離れた息子しか居ませんが、、、。正月に千葉テレビでやっていた「行く年来る年歌合戦」の司会をなさっていた方です。youtubeでこの方の動画を物色していたら「紙のピアノ」と言う曲に行き当たりまして、、、実は、この手の曲には非常に弱いモノで、聴くたび、見るたびに。恥ずかしながら号泣状態になります。親父の葬式でも此処まででは無かったと思います。

そのようなわけで、CDは注文してあるのですが、仮に届いたとしても往復の自動車の中では少々危険なので聴くわけには行きません。現在、毎日聴いて運転中にも支障なく聴くことが出来るように免疫を付けるべく努力中です。長浜有美さんの「人生って」と言う曲もホロっと来てしまうので運転中に聴くことが出来るようになるべく努力したら1週間も掛からずに免疫が付きましたが「紙のピアノ」の方はかなり手強くて、中々免疫が付きそうにありません。

2011年1月19日 (水)

鉄道省EC40

Image1 佐久鉄道→草軽電鉄と、静態保存車を撮影したので、本当はまともにEC40も撮影したかったのですが、つまらない事情で諦めました。それと言うのもこの車輛が保存されている場所は「旧軽井沢***」と言うことだけは知っていたので、すっかり「旧軽井沢」に在ると思い込んでいたのですが、実態は軽井沢駅の旧駅舎に横付けされている、、、よーするにしなの鉄道の軽井沢駅構内において在るみたいなものです。

簡単に言えば、私が撮影した草軽のデキから50m離れているかどうか、と言うような場所です。そんなこととは知らなかったから、新幹線のホームに入ってから気付いたので、ご覧のようなへたくそな写真になってしまいました。次回、リベンジします。

因みに、軽井沢なんて行ってみればごく近いものですね。熊谷から36分だったかですから、実質的には埼玉県軽井沢市(^^;;)みたいなものです。拙宅からだと、横浜の「南軽井沢」の方が多少近いですけど。

新幹線を使って撮影に行ったので、いつもの通りに往復ともグリーン車に乗っていますが、乗車距離が短いので料金も安いです。軽井沢=熊谷だと、実質的なグリーン料金は490円、軽井沢=東京間でも実質的には1490円です。軽井沢=熊谷間だと、東京近郊の普通列車よりもグリーン料金は安いことになります。次第に、グリーン車にしか乗れない体質になりつつあります。

2011年1月16日 (日)

草軽電鉄デキ13

Caqjg3uw_2 佐久鉄道の気動車を撮影した序でに軽井沢で降りて撮影してきました。奇妙な屋根?のしたに押し込まれてしまっているので余り撮影はし易くありません。しかしながら、車体の大きさを考えると、こちらの車輛の方がまさしくGゲージ向きでありますな。

佐久鉄道キホハニ56

Caqjg3uw 思い立って、中込まで撮影に行ってきました。屋外ですが、ホームを模した屋根の下に保存されているので状態はかなり宜しいです。柵に中に立ち入って撮影しましたが、これは管理事務所でちゃんと許可を得ています。車体幅が2000mm程だったかの狭幅車なので、まさしくGゲージ向き?と言えますかな。

2011年1月15日 (土)

高所剪定用ノコギリ2

Caqjg3uw 先日、幸手のジョイフル本田で買い求めた高所剪定用ノコギリで作業した残骸です。直径20mm程度までだったらガーデニング用シュレッダー(伐採済み小枝粉砕器)で処分することも出来るの序でに買ってしまおうと思わないでもなかったのですが、このノコギリだけで15000円以上支払っているので追加支出は少々辛いし、結構太い幹の部分まで伐採していますからシュレッダーでは無理です。

一番太い部分は、最終的には物置からチェーンソーを持ち出さなければ無理だと思いますが、取り敢えずは電動丸ノコで小さく切断すれば普通の可燃ゴミとして始末できます。まぁ、伐採した小枝の後片付けなんて決して面白い作業では、春先くらいまで掛けるつもりで少しづつ作業して行くつもりです。

2011年1月13日 (木)

スタッドレスタイヤ

随分前に履き替えてあるのですが、今の処は何の役にも立っていません。現状では騒々しくて制動距離の長い夏用タイヤ状態です。それでも、今冬に入ってからラジオの天気予報では放送されない程度にだったら東京都新宿区内でも雪が降ってはいるのですが、、、スタッドレスタイヤが充分に実用になるのは、やはり撮影目的で遠出した時だけでしょうか。それにしても、温暖化、温暖化、と言われる割には今冬は随分と寒くて身に染みる感じがありますね。

2011年1月10日 (月)

高所剪定用ノコギリ

Image1 薙刀の親戚みたいな形状ですが、ジョイフル本田で買い求めた高所剪定用のノコギリです。私が買ったのは3段伸縮・最大長4.9mのものですが、4段伸縮で最大長6.4mのものもあります。4.9mで恐らくは充分だろうと思って買ったのですが、やはり正解でした。この写真は目一杯縮めた状態で撮影していますが、これでも私の背丈よりも遙かに長いです。問題は、買い求めたのは幸手のジョイフル本田なのでどうやって持ち帰るか、、、まぁ、斜めに突っ込めば自動車の車内にどうにか入ります。軽自動車でもワンボックスなら問題なく入るでしょう。

効果の程は、、、凄いの一語に尽きます。実は敷地外の某電力会社の電線に微妙に柿の木の枝が覆い被さっていたのですが、正味2時間も作業しないで電線に掛かっている部分の枝は全て打ち落としました。現在、拙宅の庭はタキギ置き場状態となっています。打ち落としてあれば柿の枝なんざ、電動丸ノコとチェーンソーを使えば簡単に始末できます。こいつぁ正月から有益な道具を買ったもんだわ。

2011年1月 9日 (日)

牛久大仏

Photo浅草の東本願寺に初詣に行ったのですが「御名号(いわゆるお札)は扱っていません」と言われたので、同じく東本願寺が運営母体の牛久大仏へ行ってきました。

宗旨の関係もあってここ暫くは毎年牛久へ行っているのですが、今年は地元の氏神様→東本願寺→牛久大仏と、3箇所で初詣をしました。ご利益も3倍にならないだろうか(^^;;)。

オリンパスE-PL1(2)

初めて、マトモに撮影に持ち出してみましたが、AFは異様にトロいです。白っぽい車体の車輛を至近距離で撮影したりするとレンズが行ったり来たりを始めます。その昔に使っていて嫌気がさして処分したミノルタのディマージュ7に近い感じです。これだと、鉄道写真の撮影にはかなり不向きです。仕事用のブツ撮りと、薄暗い博物館内部での保存車輛の撮影専用かなぁ(笑)。気の迷いでf1.8のレンズを持っている新型のオリンパス製コンパクトデジカメを買ってしまおうかと思っていたのですが、あっさりと思いとどまりました。AFの性能に関しては、同じマイクロフォーサーズ機ながら、パナソニックのG1の方が遙かに優秀です。鉄道写真目当てだったら、オリンパス光学のカメラは買うべきではないと思います。私は、、、最初からE-PL1は予備機のつもりだったから良しとします(ほぼ言い訳)。

2011年1月 4日 (火)

仕事始め

本日(1月4日)から仕事再開です。今朝は流石に走る自動車も少なめです。今日辺りは出勤していても余り仕事も多くはないのですが、ベンチウォーマー的な仕事もやっているので待っているのも仕事の内です。この辺りが生産現場、作業現場とは違うところでしょうか。正月休みは全くの寝正月状態で、庭の植木の手入れをしたり、取り貯めてある演歌番組をみたりしていました。大沢桃子さんの振り袖、可愛かったのですぐにCDを注文してしまいました。竹川美子さんは、、、近所の自動車工場の奥さんの若い頃にそっくりでびっくりです。新しいカメラ(E-PL1)を買ったとはいうものの、寒さにめげて未だ本格的な撮影には持ち出していません。来週末の3連休は何処かに出掛けるかな、、、。

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

あけましておめでとうございます。大晦日は、大掃除と、年賀状作りと、「年忘れにっぽんの歌」に追いまくられて、随分とバタバタしていました。本当ならば2週間くらいは年末・年始に休みたい処ですが、とてもじゃないけど当分は夢のまた夢、今年も公私共々あくせくする日々が続くことになりそうです。

全然違う話ですが、年金定期便の支給予想金額と、某生命保険会社の個人年金の支給金額を合算合計すると、、、夫婦二人でどうにかカツカツの生活は出来そうです。どちらか一方が大病したらそれっきりですが、、、。おっと、宝くじの当選番号を見るの忘れてた。1億円以上当っていたら、今月中に仕事止めてやろうと思っていますが、そう巧くは行かないだろうな。

2010年12月29日 (水)

オリンパスE-PL1

自分自身へのお歳暮?として、オリンパスのE-PL1を買いました。今年買ったカメラはこの1台のみです。パナソニックのマイクロフォーサーズ機も悪くはないのですが、オリンパス製レンズばかりが増殖しているし、手ぶれ補正機構を持たないレンズでも補正できるという点でオリンパス機に食指を延ばしました。内心、古いプラクチカマウントのレンズでも探してきて遊んでみようかと思っています、、、と言うよりも、古いレンズで商品構成の想像が付くのはタクマー、オートタクマー、スーパータクマー、SMCタクマー位なので、これしか遊びようがありません。またしてもインダスター50なんて探してくるかなぁ(笑)。

2010年12月27日 (月)

演歌1

ちょっとした理由から、まぁ、余りおおっぴらに書くのもどうかと思うような理由から、最近では演歌ばかり聴いています。元々演歌自体は嫌いでは無かったですが、ここまでのめり込んだのは初めてかも。演歌自体は様式性の強い音楽ですが、そう言った点ではベルディやプッチーニ辺りの作曲家までの、いわゆる「番号オペラ」に相通じる点があります。但し、私が「良いなぁ」と思う演歌の歌手の人はほぼ全てマイナーな人ばかりです。カルクブレンナーだとかシュテンハマルだとか、私が好きになるクラシック音楽の作曲家も比較的マイナーな人ばかりなので、マイナー指向の人生は変えようが無いみたいです。

2010年12月16日 (木)

保存鉄道の最期

残る営業運転はごく僅かなので、最期の記念撮影にSLの牽引する列車と京都市電に乗りに行ってきました。平日というのに、異様に鉄分の多そうな人が恐らくは20人くらいは居たのでは?。以下、匿名の某職員氏からの非公式情報ですが、運休後の運転再開の可能性は「不可ではないが相当に難しい、理由は主として経費面」と言うことです。まぁ、聴くまでもなく、誰が考えてもそう思いますなぁ。運休になったら野晒し展示は勿体ないので5丁目に在る岩倉変電所にでも収納できないものでしょうか。

SLと市電が無くなってしまうと、明治村の魅力もかなり減少してしまいます。

2010年12月 5日 (日)

松葉スポーク

松葉スポーク車輪のことを、英語では「Double spoke wheel」と呼ぶようです。「呼ぶようです」と言うのも曖昧な表現で恐縮ですが、ウォルサーズのサイトに載っているLGB製品のリストを見ていたら「Double云々」と言う記述があったので「なんだこれは?」と思いクリックしてみたら、現れたのは松葉スポーク車輪でした。

2010年12月 3日 (金)

カーナビの呪縛

借用中の勤務先近くの駐車場には、通常は南西方向からバックで入るようにしています。北東方向からならば前進状態のまま入ってきて、南西方向に前進状態で出て行くことは出来ます。実際に、カーナビ(ミニゴリラ)の指示に従うとこのコースを指定してくるのですが、途方も無い急カーブの連続です。東京市牛込区内の空襲に遭ってない古い住宅地なので道路が狭いのは当然ですが、北東方向の路地の入口には「この先普通車以上通行困難」と書いた牛込警察署の名前入りの立て札が建っています。「それならば普通車は通れるな」と勝手に思い込んだのが運の尽きで、「普通車以上困難」と言うのは「普通車も困難」と言う意味ですから、幾ら小さいとは言え、我が愛車ソリオでも四苦八苦することは目に見えています。その事に気付いたのは路地に入ってしまってからなんですが(泣)。

最初は大家夫人に「この先も(北東方向から)道なりに道路がありますよ、私は自動車に乗らないから通れるかどうかは判らないですけど」と言われて警戒していた経路なのですが、やはり警察の立て札にウソはありませんでした。途中で、前進状態で進入してきたにも拘わらず4回も切り返さなければ通過できないT字路に出くわした時には、率直に言って泣けてきます。「普通車云々」の文字を見て5ナンバー枠一杯の自動車に乗って免許取り立ての人が入ってきてしまったら一体どうするのだろう? 実際に私が微速前進で通過していると、周囲の住宅の中から好奇の視線をひしひしと感じます。普通には軽自動車がごくたまに入ってくる程度なのに曲がりなりにも普通乗用車が、それもピンクメタリックの胡散臭い自動車に白髪頭のとっつぁんが乗って仕切りに切り返しを繰り返しているのですからなんとも奇妙な見世物ですな。

まぁ、無批判に他人の言うことなんか信じちゃいけないと言う、反面教師のような話でした。

2010年11月28日 (日)

自動車通勤

先週から自動車通勤になりました。電車・バス通勤ならば乗車中は寝ることが出来ますが、自動車通勤で走行中に寝るわけには行かない、、、。そう考えると疲労が激しくなるのか?と考えないでもなかったのですが、杞憂に終わったようです。往復共に電車・バス利用よりも相当に所要時間が短くなるので、結果的には疲労が少なくて済みます。朝は街道筋の上り車線を、しかも都県境の橋を渡る箇所があるので相当に時間がかかりそうなものですが、何故か私の走るコースは非常に空いている箇所ばかりなので、25km走って所要時間は約50分です。混雑した東横線に乗らないで済むようになったので、精神的にも肉体的にも非常に楽になりました。

2010年11月22日 (月)

秋の明治村

P1040965 2か月続きで明治村へ行ってきました。今回は村民登録の更新が目的で、、、来年も明治村に数回以上は来ようと言うつもりです。右の写真はボールドウィン製の9号機ですが、これらを含むSL一式と京都市電一式、要するに鉄道関係の動態展示施設は全て12月20日から無期限運休だそうです。

老朽化が進んだために、状況確認をすることが目的のようですが、果たして再起する可能性があるのかどうか、些か心配です。

2010年11月14日 (日)

今日は休日出勤

凄く多忙、と言う状態は脱しましたが、今日は所用のため休日出勤しています。私と、関連会社の人と、二人だけで同じ社屋内だけれども全く別の場所で作業しているので、実質的には一人だけで仕事しているのと何ら代わりはありません。邪魔が入らないから休日出勤の方が楽で良いなぁ、なんて考えるようになって来てしまっているので、ワーカーホリックの末期的な症状ですな(笑)。まぁ、少なくともこの程度の詰まらないこと書き込める程度には余裕を取り戻してきました。長かった、、、。

2010年11月12日 (金)

過労の現実

展示会やら何やらで、7:00前に出勤、仕事終わるのが22:00、なんて生活が10日くらい続いていました。これくらいでは過労死、なんてことにはならないと思いますが、同僚のM氏は仕事終わるのが2:00、4:00、なんてことも繰り返していたようで、他人事ながら些か心配です。私の方はどうにか落ち着いてきました。

帰宅が24:00を廻るようだと「帰宅途中にジャスコに寄って買い物して、、、」なんて気にはなれないモノで、ようやく買い物をして帰るだけの気持ちの余裕を持てるようになりました。それでも今週末は、休日出勤した方が邪魔な電話やらが掛かって来ない分だけ仕事が捗って楽なので、勝手に休日出勤するつもりでいます。全くのワーカーホリック状態です(^^;;)。

2010年10月30日 (土)

安い月極駐車場

前回発見した25000円の月極駐車場はすでに塞がってしまったとかで、、、数日後に同じ不動産屋さんに行ったら別の25000円の駐車場の案内があって、こちらは押さえてもらいました。来週中に契約し、11月末からは使えるようになります。25000円と言う金額は、我が職場周辺の相場から考えると20~30%程度安いのですが、その分だけ制約はあって簡単に言ってしまえば(1)狭い路地の途中にあるので必ず縦列駐車する必要がある、(2)5ナンバー枠一杯の大きな自動車は無理、(3)現場での方向転換は無理、と言う状況です。要するに、頭から入ってしまうとバックで出てこざるを得ない、従って普通にはバックで進入して行く必要がある。とまぁ、多少でも自動車運転の心得があれば、大した問題とはならない場所なのでソコソコ人気のある駐車場らしいです。但し、大家さんの自宅敷地の道路に面した場所だけを駐車場にしているので止まれる車輌はたったの1台だけなんですが(^^;;)。

2010年10月24日 (日)

ICレコーダー兼携帯ラジオ

Image1 ICラジオに携帯ボイスレコーダーがついたモノ?を買ってみました。自動車で遠出の際にラジオだけが友達なので(笑)自宅でも聞きたくなったような次第です。単体だと13800円+ポイント還元10%、クレードル付きだと19800円+ポイント還元10%です。私はこの手のセット売り商品に弱いので、迷わずクレードル付きの方を買いました。

2010年10月23日 (土)

久々に徹夜

久々に徹夜しました。最近は徹夜はしなくても午前様が多かったりするのですが、、、。催事が続く季節なのと、某ブランドの商品を一斉に価格改訂(値下げ)したので一斉にカタログを作り直さなければならない、とまぁ、そんなわけでして夜通しコピー機の相手をしていました。文化祭前に何やらのレジュメでも作っていたような感慨に襲われます。今日はこれからジャスコで買い物をして、帰宅したら爆睡予定です。

2010年10月21日 (木)

安い月極駐車場

勤務先の近くで月額25000円の月極駐車場を発見しました。大雑把ですが1日辺り1000円ちょっと、、、。この金額だったら借りてしまって、電車・バス通勤とはオサラバしようかと思っています。先日大井川鐵道の視察に行ったらロングシートの電車なんか1輌も走っていないわけで、ロングシート車しかない東急の安っぽい通勤用電車が益々嫌いになりました。思い切って全面的に自動車通勤に方針転換しようかと思っています。

2010年10月18日 (月)

大井川鐵道

P1040750 先週末は福井鉄道の撮影に行こうと思い金曜日の深夜に出発、途中眠いので港北PAで1時間程仮眠して、更に眠いので海老名SAで更に仮眠したら、、、寝過ごしました。目が覚めたら午前5時頃で、こんな時間から福井市内へ向けて走った処で、私の走行ペースでは昼前後にならないとたどり着けません。仕方がないので急遽行き先を変更して大井川鐵道の撮影をしてきました。思えば、前回撮影のために新金谷=金谷間を乗車したのは27年前ですから大昔も良いところです。新金谷以遠に乗車したのは初体験で、千頭までは乗り通してみました。復路は眠いので車内で寝っぱなしで、余り景色を覚えていないのは惜しいところです。

2010年10月13日 (水)

久々の明治村

半年ぶりくらいで、3連休の最終日に明治村へ行ってきました。いわゆる観光シーズンなんかに行ったことはなかったので、余りの混雑ぶりにちょっとびっくりしました。よく考えてみれば、今までは真冬の寒い時期に行ったりしていて、余り屋外観光施設に向いていないような時期ばっかりでしたから空いていたんですねぇ。疲れたので早めに引き上げたのですが、帰りは渋滞にはまって苦労しました。やはりなんとか都合を付けて、平日に行くようにしないと充分には堪能できないですね。

2010年10月10日 (日)

ブツ撮り、と言うか、商品撮影3

一番簡単な照明方法は「照明しない」こと、これに尽きます。素人にまともな照明なんて、どう考えても無理な話だから、そんな思い上がった事はあっさり止めて、日陰で撮影すればそれで済むことです。その代わりにコントラストはやや低下気味になると思うので、ちょっとだけ画像処理ソフトで弄ってやればそれでお終い。Webショップや単なる企業のサイト程度だったら、組織内の人間が仕事の合間に作業するならばこれで充分で、これ以上手間を掛けるのは無益です。これ以上のものを要求するのならば、マトモに代金を支払って外注に出した方がよいと思いますが、高い金を取ってまともなサイトが作れない自称Webデザイナーは無数にいるので、カモにされないように要注意です。

何を書いているのか、自分でも判りかねるような文章になってしまいましたが、撮影の才能の無い奴に限って照明機材の話は持ち出すけれども照明自体の話は持ち出さない、まぁ、外野に邪魔されないように注意した方がよいです。

徹夜は回避

仕事は早めに終わった、と言うのか、早めに強制終了にした?と言うのか、どうにか午前1:00くらいには終わりました。当然、こんな時間に電車・バスは走っていないので、自動車で帰宅です。こうなるだろうと思っていたから、始めから自動車で出勤していたんですが、、、。いずれにしても、帰宅したのは午前2:30くらいです。50過ぎたおじさんの働くスケジュールだとは、とても思えません。適当に、力を抜けるところは抜いているから、過労死するようなことはないと思いますけど。

ブツ撮り、と言うか、商品撮影2

鉄道模型の撮影も同様だと思うのですが、この手の話だったら、最初に「どの照明機材を使えば良いのか」と普通は考えると思います。でもって、照明機材のことを考えたとしたら、その時点で撮影は失敗だと思います。本職で腕の良い人ならば照明機材を思案するのは当然だと思いますが、そんなものを素人が使いこなすのは100年早すぎます。自分自身、社内で頼まれての商品撮影だったら散々繰り返していますが、私自身が気にしているのは(1)汚らしい影を出さない、(2)清潔感のある背景を使う、(3)光が均等に廻る、とまぁ、この3点だけです。Webショップとか、普通の企業のサイトだったら、この程度だけで充分だと思います。

2010年10月 8日 (金)

今日は徹夜か

23:00を過ぎて、久々に徹夜しそうな状況です。勤務先の社長が脳天気な予定を突っ込んでくれたのでこうなった、とも言えますが、自分一人だけで徹夜している方が、普段よりも当然仕事ははかどります。無駄な電話が掛かって来ないだけでも大違い。因みにやっている作業内容は電気製品のマニュアル執筆です。今年に入って何回か徹夜していますが、徹夜の理由?は全てマニュアル執筆のせい、です。高機能すぎる製品が増えちゃったというか、、、。

2010年10月 3日 (日)

ブツ撮り、と言うか、商品撮影

今日は、Image5 年内発売予定の新製品を持ち帰ってブツ撮りやってました。拙宅は南が道路、庭があって北側に家作がある、と言う敷地は位置なので写真のように自動車のリアゲートに模造紙を貼り付けて南を向いて撮影すれば好都合に日陰になります。やってることはグラビアアイドルの撮影は必ず逆光で、と言うのと大差無いというか、順光での撮影だと強い影が出て明暗差が出来てしまうから日中屋外でのブツ撮りはこうやって日陰で撮影するのが最適です。もっとも、このサンプル写真は午前中の撮影で、未だ日陰になりきって以内からもう少し経ってから本番撮影をしたことは言うまでもありません。

2010年9月30日 (木)

都営バスの新車

最近、自動車通勤が続いていたので、一週間ぶりくらいで都営バスに乗った処、なんと本年度の新車(T代車)に遭遇しました、、、と言うか、このバス、余り見掛けたことがなかったけれど本当に新車なのかなぁ。新車特有の刺激臭は殆ど感じません。私自身はいすゞキュービックのC代車・D代車辺りが好きなんですが、このT代車も居住性はそれ程悪くはありません。

2010年9月28日 (火)

気動車の体験運転

ちょっとした機会があって、実物の気動車を運転してきました。車種は国鉄の旧キハ35で、自動進段でもなんでもなくて、自動空気ブレーキとやら言う、かなりプリミティブな構造の車両なので、当然ながら私のような素人がそう簡単にマトモに走らせられるような代物ではあります。液体式の気動車ですから、ようするに自動車のオートマチックみたいなもので、一応はエンストの心配はありません。なんと言うか、初めて10tタンクローリーの回送をやった時よりも更に手間取るというか、久し振りにドキドキしてしまって胸が痛くなるような経験でした。機会があれば、また運転してみたくは思いますが、なんとなく心臓に悪そうな気がしないでもありません(笑)。

2010年9月14日 (火)

箱根登山貨物

恐らくは箱根登山鉄道の関連会社なんだと思いますが、「箱根登山貨物」と言うレタリングのトラックを見掛けました。塗装色はどうやら箱根登山鉄道自体の旧塗装で下半分青・上半分クリーム、ご丁寧に正面は金太郎塗り分けになっています。自動車で走行中だったので撮影できず惜しいことをしました。

2010年9月12日 (日)

赤沢森林鉄道

Image1 木曽山中まで、赤沢森林鉄道の撮影に行ってきました。写真の車輌は北陸重機工業製の、サカイ風新型DLです。目当てはボールドウィンのリアタンク機だったのですが、こちらはちゃんと車庫の外に引き出されていて、撮影できる場所に置いてありました。拙宅からは往復600kmちょっとなので、青森県に比べたらご近所みたいなもので近い近い(オイオイ)。

2010年9月 6日 (月)

東京スカイツリー

かなりあっちこっちで見ることが出来ると聞いていましたが、、、昨日は清洲橋通りの「清洲橋」を真っ昼間に渡っていたら、びっくりするぐらい良く見えました。隅田川に架かる橋の上からだと、障害物が少ないので観察には好都合なような。

2010年9月 1日 (水)

キハ48と言う車輌

Image2 青森県まで撮影に行ってきて、今回初めてキハ48と言う車輌に乗りました。乗るのも初めて、撮影も初めてです。日頃はJR東のように景気の良さそうな会社の車輌を余り撮影することは無いのですが、折角出掛けたのだから行き掛けの駄賃と言いますか、、、。五能線で「リゾートしらかみ」にも初めて乗りました(これもキハ48)が、中々居住性は宜しいです。たまには食わず嫌いを止めて、普通に景気の良い鉄道会社?に目を向けると、思わぬ発見が多くて楽しめるものです。

2010年8月31日 (火)

東京モノレール

P1030281 初めて真面目に撮影しに行ってきました。大雑把に路線が南北に敷設されているのと、運河上に敷設されているので障害物がないので撮影は非常にラクです。この写真は大井競馬場前駅前の橋の上で撮影したモノですが、こんなに撮影しやすい場所も滅多にありません。津軽鉄道の写真も遮蔽物のない田圃の中の築堤上を走る列車なので楽でしたが、あちらは本数が少ないために少々ドキドキしてしまいます。それに比べるとこちらは来るわ来るわで、撮影を休んでゆっくり画像の確認をする余裕が無い程です。

2010年8月30日 (月)

津軽鉄道と弘南鉄道

P1030281_2  ちょっと遅い夏休みでして、津軽鉄道と弘南鉄道の撮影に行ってきました。往復自動車でホテル2泊+車中2泊の変則4泊5日です。ロッド式のディーゼル機関車が本当に動いているところを見るのは初めてで、中々興味深い体験をしました。ちなみに「ロッドをガチャンガチャン言わせながら」とかって表現をする人が多摩にいますが、走行中にガチャンガチャン言うようになったら末期的で、マトモに整備してある機関車であればロッド自体はそれ程騒音を発生しません。走行中にロッドがそんなに盛大な音を出すようになったら、その車輌はかなり整備不良で廃車寸前です。当然ながら、津軽鉄道の機関車のロッドはそんなにけたたましい騒音を立てたりすることはありません。

2010年8月21日 (土)

「とれいん」誌の連載

P1030281_2 「とれいん」誌に連載を始めました。初回はアメリカ型の貨車用台車の話です。私が書く文章なのであくまでも雑学的なものではありますけど、、、。ご高覧ください、と言うか、是非お買い求めください。

鉄道模型コンベンション

P1030281 今年も八木軽便鉄道さんの陣地へ応援に入っています。仕事上の締め日との関係で土曜と日曜しか参加できませんが、コンベンションはすっかり夏の風物詩となりましたね。ビックサイトの屋上に出展しているので日差しさえ避ければ海からの風が吹いているので比較的楽ですが、それでも暑いものは暑いです。

2010年8月18日 (水)

田園都市線高津駅

複々線化されてから初めて入ってみました。中央が通過線兼大井町線、両外側にホーム付きの田園都市線、、、とまぁ、小田急の狛江やら喜多見やらの辺りと同じ構造です。違うのは決定的に線路間に建築物?みたいなものがないことで、なんとも撮影に便利な場所になりました。

2010年8月 9日 (月)

高速道路1000円化

某政党の交通政策の中でも最悪の政策の1つだと思いますが、現実に自分で高速道路の通行料を支払う段になれば安いのがありがたく無くもない、、、そんなわけで、5月に加悦鉄道、7月に蒲原鉄道、8月は山形交通と、自動車利用で遠出の連発です。金曜日に仕事を終わってから自動車で出発し、途中で眠くなったら寝る、目が覚めたら走る、眠くなったら寝る、目が覚めたら、、、と繰り返しながら走るので、走っている最中は原則として疲労も眠気もほぼ感じていません。夜中に経験のない山道とかを走りたくないので、深夜走行は高速道路のみ、翌朝には現地に到着するという日程ですから、危険を感じるようなこともありません。

結局は、このような走り方をしているので時間はかなり掛かります。新潟まで約300kmで10時間、山形まで約400kmで12時間、京都まで約700mで18時間とかです。途中で仮眠している時間がかなり長いのでこんな数字になりますが、眠ければ寝る、空腹になれば食事をする、の繰り返しです。晴れれば耕し、雨が降れば読書三昧、晴耕雨読の自動車版みたいなものですから、なんとも長閑なものです。撮影名所、とか、お立ち台、なんて場所には全く行くつもりが無いので現地でご同業の方に会うこともほぼ皆無。なんとも風流な写真撮影を「高速道路1000円化」は手助けしてくれてはいますが、やはりあの政策は最悪の愚策には相違ないと思います。

2010年8月 8日 (日)

山形交通

P1030281 先週の蒲原鉄道に引き続き、今週は山形交通の保存車の撮影に行ってきました。写真の電車は有名な三山(さんざん)線のモハ103です。盲腸線的ローカル支線に過ぎない左沢線の駅から分岐していた盲腸線で、その盲腸線が盛況を博していた時期があった訳で、夢のような時代です。関東近郊で言うと、久留里線の途中駅から分岐していた盲腸線というか、そのような路線です。

2010年8月 3日 (火)

熱中症

遂に知り合いにも患者が、、、と言うか、集荷に来るので連日顔を合わせる某運送会社のドライバー氏が熱中症で担ぎ込まれたようです。この話は、同じ運送会社の別のドライバー氏から聞いた話なので具体的な症状がどの程度なのかは定かではないですが、炎天下に新潟県まで写真撮影に出掛けた身にとっては、とても他人事とは思えず身につまされます。

2010年8月 2日 (月)

蒲原鉄道

Image2_2 目蒲電鉄開業時の車輌を撮影してきました、、、と言うのは真っ赤なウソですが、目蒲電鉄開業の翌年に同じ意匠で製造された、蒲原鉄道の電車を撮影してきました。最近になって補修されたらしく、木造電車の野晒し展示としては非常に状態が宜しいです。撮影場所は新潟県加茂市近郊の冬鳥越スキー場で、この車輌以外に旧西武の電車と、村松=加茂間延長開業時に製造した日車製の凸型ED機も一緒に静態保存されています。

2010年7月12日 (月)

一家に一台電気溶接機

内心、電気溶接機を1台買おうかと思い始めました。今日の処はドイトでイメージビデオを買ってきただけですが、取り敢えず溶接機+溶接面だけ、と言う最低限の設備だけだったら9000円位で揃えられないわけでもありません。実際の手順とかは数年前に鬼籍に入った父親の手元を見て覚えているから、、、って、その程度の知識では余り実用にならないと思いますが、どうなるかな?

2010年7月 8日 (木)

フランジの高さ

手許にあったバックマン製の31mm車輪のフランジ高さを測ってみたら、、、約3mmでした。大雑把ですが、#118以上のレールならば使用できると言う事になります。市販品を考えると、PECOのOゲージ用双頭レールが#124、同じくPECOのOゲージ用平底レールが#143なので、これだったら実用になります。それだったらLGBの#332なんてレールは一体何のつもりなのか?と思ってしまいます。ある知人が15インチゲージ用の6kgレールの曲げ加工法を開発なさったようなので、当方はGゲージの線路のロープロファイル化?を考えてみようかと思っています。

2010年7月 2日 (金)

吉幾三と言う人

この方、かなり力量の高いバリトンです。かつて教わった事がある私の声楽の先生で二期会の会員の方がいるのですが、その先生が浪花節でも唸っているような、いい雰囲気です。そんなわけで?某ハイパーマーケットのエサ箱野中に入っていたベスト版CDを買ってきましたが、通勤時にカーステレオに入れっぱなしで毎日聴いています。某住宅リフォーム会社のコマーシャルソングもCD化されているのだそうで、これも買おうかと思っています。

2010年6月27日 (日)

M-ZUIKO 14~150mm

またしてもオリンパス光学のレンズを買いました。先日、我孫子道へ行って、いわゆるダブルズーム体制で撮影していて散々後悔させられたので思い切って飛び付きました。拙宅のDMC-G1は言わずと知れたパナソニックのマイクロフォーサーズ機ですが、現状ではパナレンズが2本、オリレンズが2本、結局は手ぶれ補正有効率?50%になっちゃいました。なんと言うか、オリンパス製品の方が琴線に触れるものがあるので、パナ製品が増殖する余地は少なそうです。

2010年6月22日 (火)

阪堺色の都電7500型

Img_3927 荒川線色の阪堺電車を撮影したからには、阪堺色の荒川線の電車も撮影しなければ詰まらない、、、と言うわけで、出勤途中に3日間通い詰めて、漸く天王寺駅前行、じゃないけど撮影に成功しました。所要時間は3日間の合計で1時間をちょっと越える程度で済んでますから、今回はツキがあったようです。

2010年6月14日 (月)

阪神電車

Image1 南海電車も同様ですが、阪神電車のように、車体の裾近くに車番が記入されている車輌は、台車を撮影した際に車番をメモしなくても自動的に車番が写り込むから非常に便利です。それに比べて、戸袋なんぞに車番を記入してある東急の電車は迷惑千万(笑)。

2010年6月 8日 (火)

阪堺電気軌道2

Photo_2 こちらは「広告乗り入れ?」とやらで、都電色になったモ501型です。方向幕の文字は「早稲田」となっています。都電荒川線の方は、7500型を左側の写真のような阪堺色にしたのですが、記念撮影会の時の方向幕の文字は「あびこ道」だったそうです。凝ってますねぇ。

阪堺電気軌道1

Photo またしても関西詣で、今回は海沿いに阪神尼崎、伝法大橋、蛸地蔵、伊太祁曽、なんて辺りで撮影してきました。上梓した写真は住吉大社の前を走る阪堺電気軌道のモ501型です。

2010年6月 1日 (火)

テーラー、じゃなくてペックハム台車

先日写真をアップした台車は私の勘違いで、テーラー台車ではなくてペックハム台車の方でした。開業時に京浜電気軌道?だったかが買い付けたものでした。ホンモノ?のテーラー台車は仏生山に置いてあるはずなので、正雀のマウンテンギブソン台車と併せて、見に行かなければならないものが続々と増えて行きます(^^;;)。

2010年5月30日 (日)

テーラー台車

Image1 京急ファミリー鉄道フェスタ、に行ってきました。目当てはウエスチングハウスの密着連結器と、写真のテーラー台車です。テーラーの台車は超有名だと思うのですが、説明板のような物が置かれていないからなのか、私以外には撮影している人は誰も見掛けませんでした。現役の電車なんか二の次三の次で、被写体の価値としてはこの台車の方が数百倍、、、だと思うんですがねぇ。久里浜には置いてありませんが、ペックハム台車とマウンテンギブソン台車の実物も拝んでみたいものです。

2010年5月24日 (月)

とれいん誌6月号

今月の「とれいん」は東芝戦時型の40t凸型機関車の特集ですが、編集部から依頼を受けて写真を3枚程提供しています。その内の2枚は名鉄の大江駅で今年の1月に撮影したデキ600なので余り大したものでは無いのですが、残りの一枚はその昔に遠州西ヶ崎で撮影した遠鉄のED212です。この機関車の写真は、私の撮影した写真しか掲載されていない、、、と言うことは冴えない機関車?なので人気が無くて撮影した人がかなり少ない、と言うことのようです。直ぐ隣にはEE製のED282が居ましたから人気が無いのも判るような気もします。西武鉄道出身でDT10だったかのような、電車用の外側イコライザ付き台車を履いていて、こう言う変な凸型機関車は私の最も好むところです。模型化する際に大型のモーターを持ってくると、収納場所に困ってしまうかも知れないですが、、、。

2010年5月19日 (水)

続・カメラの修理

翻って、家電製品のようなモノを取り扱っている我が勤務先でも同じようなことが出来るのか、、、と言えば、100%無理です。先ず、即時修理と言うことをするからには短時間で作業が済むように単純な部品交換で済ますような修理しかできないはずです。要するに10000円のものを10000台売れば売り上げ1億円ですが、100万円のものを100台売っても1億円、売上金額は同じでも出荷台数は100倍の開きがありますし、「単純な部品交換で済ますような修理」をするためには潤沢な部品在庫を持つ必要があります。たった100台のために潤沢な部品在庫を持つことは出来ないでしょうが、10000台出荷した商品のためならば部品在庫センター?と連携していれば、別に困難ではないと思います。

同時に、社員数の多い企業であれば修理担当者が修理に専念することはできると思いますが、我が勤務先のような零細企業の場合は、それは不可能です。営業だろうが、チェンジニアだろうが、私のような単なる倉庫番兼出荷係だろうが、営業対応はしなければならないし、架かってきた電話の応対もしなければなりません。修理専念なんてのは夢のまた夢で、やはりスケールメリットというのか、相当数の出荷を見込むような会社ならではのサービスと言えます。もっとも、高額商品であれば1本釣り的な販売方法を採るでしょうから、何も客の目の前でショールーム的な場所で修理するというような演出は最初から考えないで済むとも言えます。

結局は、即時修理、即日修理、なんて言うのは企業としての充分な体力のある大手家電メーカーにしか出来ないサービスであるとも言えます。実用品として割り切ることが出来る品物であれば、その種のサービスを受けることが出来るのか出来ないのか、或いは、どんなに即日サービスを謳われてもサービス拠点まで往復するのに1日掛かりと言うような場所に住んでいる顧客に対する訴求はどうするのか、、、色々と考えさせられることも多く、興味深い体験をしました。

2010年5月18日 (火)

カメラの修理

愛用しているパナソニックのマイクロフォーサーズ機が不調となり、修理に出しました。出した相手はパナソニック・テクニカルサービスと言うのか、秋葉原出店で話題となっている、即時修理のサービス拠点です。機種は限られますが、最近のコンパクトデジカメとか,ノートパソコンなどであれば,待っている間に修理をしてくれてガラス窓の外側から修理状況を見学していることも可能、と言うアノ場所です。具体的には旧ラオックスのザコン(ザ・コンピュータ館)の西側と言うか、神田明神の近くです。マイクロフォーサーズ機は即日修理の対象ではないのですが、それでも日曜日の09:20くらいに持ち込んだら,その日の夕方には修理完了の電話がありましたから凄いものです。

製品が故障するのは止むを得ないことですから、メーカーに対する評価はその後のアフターサービスの対応次第と言えます。こうやって、直ぐに持ち込める場所にサービス拠点が在って、修理も直ぐに完了するのであれば、次の購入する機種もパナソニックにしようかと思うわけです。因みに、拙宅にはエプソンダイレクトのノートパソコンが3台あって、今すぐ修理に持ち込む必要性はないのですが、それでもパナソニックのように簡単に修理品を持って行ける場所にサービス拠点が無いのは厄介です。エプソンダイレクトの場合は直売ですから販売店は通しませんが、販売店経由で修理を出すというのは、途中に取り次ぎが入る分だけ時間が余分に掛かりがちでなんとなく面白くないもんです。やはり、パナソニックみたいな対応が良いなぁ。

2010年5月14日 (金)

高速道路料金

民主党の政策=単なるガキのママゴトの延長+人気取りのばらまき、と言う図式は成り立つわけですが、それでも自分が支払う高速道路料金が安いことがありがたいには相違ありません。先日、加悦へ行った帰りの高速道路代は1450円だったかです。拙宅付近は大都市近郊区間に微妙に引っ掛かっているので1000円ぽっきり、ではないのは惜しいところ。それは兎も角、1450円だと、職場までの往復の首都高速の通行料と大差ありません。こんな安すぎる金額が破綻することは目に見えているような気がしますが、折角だから安いうちに少し遠出しまくっておこうかと思っています。

因みに加悦へ行くのに金曜の夜出発、日曜日の午前中帰宅、土曜は終日現地で写真撮影です。2泊3日で車中2泊ですから、走るのは全て夜中なので眠くなったらPA・SAに駐車して仮眠する、目が覚めたら走る、再度眠くなったら駐車する、の繰り返しで、自然体です。晴耕雨読、みたいな風流な走り方だと本人は勝手に思い込んでいます。これって、グリーン車に長時間乗車して寝たり起きたりうだうだしながら写真撮影に行くのと同じで、なんとも怠惰で気持ちの良いものです。少々、クセになりそう。

2010年5月 9日 (日)

加悦SL広場

P1010798 加悦SL広場に行ってきました。チーペン製の客車、片ボギーの気動車、芸備鉄道の気動車等々、初めて見るようなモノが多く楽しめました。早く行かないと高速道路が2000円頭打ちとなってしまうので金曜の夜の出発して、日曜の午前中に帰って来るという旅程で少々頑張ってみました。往路は中国道・舞鶴若狭道経由だったので少々高く付きましたが、復路は京都縦貫道を使って直接名神に乗るようにしたのでかなり安く付いています。右の写真は片ボギー車のキハ101です。

2010年5月 3日 (月)

高幡そば

四半世紀ぶり位で、少々真面目に京王電車の撮影をしてきました。行った序でに高幡不動駅で「陣馬そば」を食べようかと思っていたのですが、行ってみたら「高幡そば」と言う名前になっていました。以前はホーム上にそば屋さんが在ったように記憶しているのですが、駅舎の改築に伴ってコンコース上の改札内に在りました。味は、、、そば自体は比較的美味しい部類に入ると思うのですが、一緒に頼んだ明日葉の天麩羅が凄まじい味で、、、次は違うモノを注文することにします。

2010年4月24日 (土)

オリンパス光学の広角ズームレンズ9mm~18mm

P1010588_3 画角の広いレンズが欲しかったので、手ぶれ補正が使えないことを承知で買い求めてみました、、、と言ってもかなり前に予約注文してあったので、支払い自体は既に済んでいます。オプションのフィルターとレンズフードを取り付けても200gを切りますし、この画角でフィルタ径はφ52ですからかなりの小型軽量ぶりです。沈胴させておくとパンケーキレンズが少々厚ぼったくなった程度の大きさでしかないので、中々格好が宜しいです。

ウィリンソン連結器

P1010588_2 或る程度は予想していましたが、やはりNMRAのX2F型連結器のプロトタイプ?は右の写真のウィリンソン連結器であるようです。その昔に日本鉱業佐賀関鉄道が使っていたし、意外なところではロシア系の鉄道はこの連結器を標準にしているようです。あと、国土交通省の立山砂防軌道の客車同士はこの連結器だった筈です。ウィルソン連結器という呼び方もされるみたいですが、「Willinson」とか言うスペルなので「ウィリンソン」と言う発音が正解に近いようです。

2010年4月23日 (金)

NMRAのX2F連結器

あの連結器は自動連結器を模したにしては随分奇妙な外観ですが、どうも自連ではない別の種類の連結器にそっくりそのままであることに気がつきました。今の段階では少々確信が持てないので、明日は現場検証?に行ってきます。余り見掛けない種類の連結器ですが、今でも日本国内で使っている鉄道会社もあるモノです(バンドン型ではないです)。詳細は明日以降。

2010年4月10日 (土)

横須賀線武蔵小杉駅

所用のため、初めて利用しましたが、あの場所があんなに急カーブに掛かっているとは思いませんでした。ベビーカーだったらかなり怖いかも?。南武線と横須賀線との乗り換えは公称8分掛かるようですが、連絡通路が未整備の現状では立川方面行き10分、川崎方面行き12分、東急線15分くらいは見ておいた方が安心じゃないかと思います。

乗り方次第ですが、(1)池袋辺りから湘南新宿ラインで武蔵小杉駅まで来て東横線に乗り換えるのと武蔵小杉以南に行くのと、(2)池袋から渋谷に出てそこから東横線で武蔵小杉以南に行くのを比べると、、、気休め程度には湘南新宿ライン利用の方が早いように思います。

いずれにしても、高崎線・東北線・総武線方面から東横線に乗り換えるのに、渋谷や横浜の喧噪を避ける事が出来るのは非常にありがたい事です。後は、電車が運休したり遅れたりしないでちゃんと走ってくれるのを祈るのみ。

2010年4月 4日 (日)

東武鉄道34号機

P1010438_2 「連結器の写真を撮影したい」という変な趣味がありまして、大田区萩中公園の東武鉄道34号機を撮影してきました。アライアンス式かシャロン式のものが残っていれば嬉しいのですが、この車輌の連結器はあいにく前後ともに国産連結器に交換されてしまっていました。それでも、ベルペア火室のピーコック機はなかなか希少な存在です。

大田区ガラクタ公園

P1010438 変な名前の公園ですが、以前はこの写真のターンアウトの上に都電の7502号が置かれていたものです。暫く前に車輌自体が撤去されていたので興味が失せていたのですが、久々に覗いてみたら車輌が無くなったおかげで線路が撮影できるようになっていました。但しこの公園、整備のために今年の6月でいったん閉鎖されるようです。場所としては、東武鉄道の34号機が置いてある萩中公園と地続きです。

2010年3月31日 (水)

今週徹夜2回目(2)

徹夜は先週のみ、今週は徹夜はしないで済みそうです。結局は見切り発車的に新製品は出荷されて行きましたが、中味は家電製品の一種ではあるものの限りなくコンピュータに近いシロモノなのでどうしても取扱説明書は膨大になります。率直に言うと、私の作った取説は毎日加筆・修正の連続です。少しづつ育って行く、と言えば聞こえはいいのでしょうけど、、、。

武蔵小杉駅横須賀線口

綱島街道を走っていると、武蔵小杉で南武線を跨ぐ陸橋の辺りに「武蔵小杉駅横須賀線口」と言う道路標識が建っていました。新しく横須賀線側に出来た駅舎へ向かう案内ですが、東口だ何だと書くよりは間違いなくこの方が判りやすいようです。「向河原口」と書いてしまった方がもっと判りやすいかも(笑)。

2010年3月26日 (金)

今週徹夜2回目

新製品発売直前に付き取扱説明書の執筆で途方もなく忙しくなってしまって、今週は今日で徹夜2回目、現在職場にいます。新製品は本日発送予定なんですが、現時点で取説が出来上がっていません。出来上がりの目途もうっすらとしか見えていません。まいったなぁ~。

2010年3月12日 (金)

電子辞書

Image1 自慢になりませんが漢字を書くのはかなり苦手なので、、、思い切って電子辞書を買いました。カシオのXD-A8500と言う、フルカラー液晶を持ち単3電池駆動の機種です。今まで、納品書とか送り状を書く際には巧みに文字をごまかしたり、酷い時には書き方を調べるのが面倒な感じの住所はひらがなで書いたり、、、かなりふざけてますな。これで少しは国語的?に進歩できそうです。

2010年3月10日 (水)

撮影用補助照明?

Image1 小型、細型の蛍光灯照明器具を買ってみました。ステッキよりも、もっと細いんじゃないかと思いますが、100V用の器具ながら軽量なので、片手で持って照明を当てながらブツ撮り、と言う使い方も十分可能です。オーム電気と言う会社で売っている製品ですが、一緒に色温度の違う蛍光灯も売られているので、この点も好都合です。

最近、妙にブツ撮りに熱中し始めていますが、半分は仕事がらみですから、ちょっと悲しい話です。純粋に遊び、お楽しみだけで写真撮影出来ればよいのですが、、、。

2010年3月 8日 (月)

鉄道会社の折り込み広告

2日連続で、鉄道会社の折り込み広告が某全国紙に入ってきました。初日は横須賀線の武蔵小杉駅開業に伴うJR東のモノ、2日目はそれに危機感を抱いたのか?東急のモノです。東急の方は運賃が安くて本数が多い、とまぁ、それしか訴求出来る点がありません。快適さ、なんてものは二の次三の次で6扉車を増やして座席は減らす一方で、戦災復旧車が跳梁跋扈していた終戦直後に明確に逆戻りしているようにしか見えません。都心直通乗り入れと言う点では東急の方が優位かも知れないですが、最近は東横線から日比谷線へ直通する電車は減らす一方だし、、、。

結局の処、東急の目指している客層は、せせっこましい貧乏人だけであって、富裕層や小金持ちにはさっぱり興味が湧かないようです。どうも「安い、早い、本数多い」しか訴求できる点の無い鉄道会社と言う存在には、次第に愛想が尽きつつあります。

2010年3月 5日 (金)

自作グラデーションペーパー

Image1 グラデーションペーパーを自作して撮影してみました。普通にグラペを買うと結構いい値段なので、苦し紛れにやってみました。グラデーション自体はネット上に落ちている?フリー素材集とかのものでして、これを用紙一杯の幅になるようにプリントして、、、それだけですからごく簡単です。その代わりグラペとしての仕上がり程度は一義的にプリンタの性能で決まってしまうので、結果としてはクオリティはイマイチでした。ネット通販のサイトなどで、サムレイルの撮影に使うくらいだったら充分じゃないかと思いますが、現段階ではあくまでもその程度のものでしかありません。

2010年3月 2日 (火)

パスモのオートチャージ

今まで使っていたパスモが急にオートチャージ出来なくなってしまいました。直ぐに、支払いに使っているクレジットカードが期限切れ・更新時期だったことを思い出し某駅で下車する際に駅員氏に申し出たら、、、やはり予想通りで、自動券売機で更新時期の更新?する方法を実演して見せてくれました。多機能券売機だと、こんなことまで出来ちゃうんですね。

2010年2月21日 (日)

横須賀線武蔵小杉駅

開業間近となりましたが、偶然にも本日通り掛かったらNEXが止る寸前程度に減速していました。訓練を兼ねて、運転停車でもしていたのだろうか。こちらはホーム横の綱島街道の陸橋を通り掛かっただけなので、本当に止ったかどうかまでは確信がありません。もしかしたらガセネタになるか(笑)。

クロ49

何処かに書いたかも知れないですが、一度だけ乗った事があります。生憎クロ時代ではなくて、サロハ49化されて代用全室2等車になってからのことで、サハ48に改造される直前、一時的に横浜線に来ていた時代で片一方の扉が車体中央付近にあった頃の話です。もう、50年近くも前の話ですね。

リラックマ

Image2 「お~い、お茶」のペットボトルをジャスコで買い求めたら、オマケに付いて来たものです。リラックマは嫌いではありませんが、別に興味がありませんので、さて、どうしたものか。

2010年2月16日 (火)

年下の友人6

Photo 今日も元気です。最近、この方のことを「牛込の姉御」と呼んでいます。勤務先周辺を縄張りにしていて、我が勤務先は牛込区内に在りますので、、、。毎週月曜日になるとかなり細身になって現われるのですが、やはり土日を挟むとおやつの収穫が減るから?でしょうか。普通の猫は「モンプチ」が好物らしくて、姉御も嫌いでは無いようですが、一番のお好みは「シーバ」のようです。

2010年2月15日 (月)

神奈川臨海鉄道水江線

久々に視察してきました。休止中とは言うものの定期的に手入れはしているようですし、線路はしっかりしているし、余り萌えないなぁ(笑)。途中の池上新町の辺りで、川崎市電と平面交差していた箇所があるのですが、市電の線路跡は今でもなんとなく位置がつかめるような状態のままで残っています。

2010年2月12日 (金)

ジャストスイート≒一太郎オフィス

何を今更、ジャストスイート(≒一太郎オフィス)なんて買ってきました。以前は「売れているから」と言う理由で一太郎は大嫌いで「松」「桐」専業?だったのですが、最近はマイクロソフト製品ばかりが売れているので嫌になり、今更ながらジャストシステム製品に乗り換えました。本当ならば、ウィンドウズ用の「松」を使いたいのですが、管理工学研究所は「桐」のウィンドウズ版は出したモノの「松」と「松茸」は、、、。結局はジャストスイート+桐+ATOKと言う奇抜な組み合わせのオフィス環境となりました。

2010年2月11日 (木)

サミットストア

拙宅周辺のサミットストアは何故か、刺身のコストパフォーマンスが異様に高いです。価格と味、量を勘案すると、対ジャスコ比(笑)で、まぐろは2倍、鮭は1.5倍くらいサミットの方が宜しいんじゃ無いかと思います。それでもって不思議な事に、スポーツドリンクなどは異様に高くて、2リットルのペットボトルを248円とかで売っています。ジャスコだったら2リットルのペットボトルは安ければ158円くらいなんですが、、、。

恐らくは仕入れルートが違う事が価格差に反映していると思うのですが、今日はマグロの刺身が食べたかったので、久々にサミットストアに行ったような次第です。

2010年2月 4日 (木)

明治村のボールドウィン

Image2 明治村の蒸気機関車は2輌あるので、半月交替で使用するのが建前、なんだそうです。先日行ってみたところ、ボールドウィン機が終日走り回っていました。以前に行った際にはシャープ・スチュアートの方なので、結果として両方拝むことが出来たと言うことになります。以前に行った際には途中で機関車を交換していたのですが、どうもあれは例外措置だったようです。

2010年2月 2日 (火)

日曜午後の秋葉原

所用で、久々に日曜日の午後に秋葉原に行ったのですが、余りにもメイドさんが増殖していたので少々びっくりです。増えていることは知っていましたが、商売の関係もあって秋葉原には平日の夕方以降に納品に行くばかりでしたから、、、。但し、何故か間違っても萌えないような形相のメイドさんばかりが目に付いたのは何故だろう(笑)。因みに、同僚N氏が担当している量販店に以前はメイド喫茶が在ったのですが、その売り場の入っている建物は閉鎖されてしまいました。「君の担当店(と同じ建物)の中にメイド喫茶が入っているんだって?」と聴かれた場合、喜んでいいものやら、、、。

2010年1月26日 (火)

瓢箪山駅

Img_3026 名鉄瀬戸線に「瓢箪山」と言う駅があって、トランパスカードの駅名略号がどのように表示されるか興味津々、「多分“瓢山”かな?」とか、勝手な想像をたくましくして降り立ってみたのですが、何と駅名略号は「瓢箪」と言うものでした。それはないだろう~、と思うのですが、なんとも愉快な駅名です。確か、近鉄にも同じような駅名があったと思います。

2010年1月24日 (日)

名鉄瀬戸線

P1010270 またしても明治村に行きまして、その序でに名鉄瀬戸線に乗ってきました。乗ったのは栄町=尾張旭間のみですが、東急池上線がなんとなく高機能化?したような印象で楽しめました。本当は吊り掛け式の車輌に乗れれば、、、と思っていたのですが、車庫の奥に止っているのを車窓から眺めただけで、撮影はちょっと無理でした。

2010年1月21日 (木)

新宿のH&M

以前から伊勢丹の向い側で工事をやっているのは知っていましたが、H&Mの店舗が出来上がりました。場所は明治通りの「新宿伊勢丹」バス停の目の前の、超一等地です。土地代は原宿店よりも高いのかも?

2010年1月17日 (日)

牛久大仏

P1000920 宗旨の関係もあって初詣は必ず牛久大仏には行こうと思っているのですが、今年は今日になってようやくお参りに行く事が出来ました。身長120mの長身の大仏様で、なんとなく優しいお顔立ちなのでホッとします。来年は、牛久ではなくて経営母体?である東本願寺の方に詣でてみようかとも思っています。

2010年1月11日 (月)

ポーターの機関車

Image1 某ネットオークションにて新品を買い求めたものです。有名な金田茂裕氏の著作です。最近、またしても史料収集の道をひた走りつつあります。この本、古本ではなくて新品で購入することが出来ました。

2010年1月 6日 (水)

新型コピー機

Image1 勤務先で導入した新型機で、リコーのMPC-5000だったか、そのような機種名です。コピー、FAX、プリンタ、スキャナの複合機で、用紙トレイは手差しを入れれば5箇所在ります。プリンタドライバのインストールは社内LAN経由であっという間に終わってしまったし、なんやら凄い進歩かも?

2010年1月 2日 (土)

横須賀線武蔵小杉駅

東京寄りの屋根は張り終わり、残すは横浜方の1/4位でしょうか。ホームは縁のブロック状の部分は施行ほぼ終了、中央部を残すのみです。開業が待たれます、と言うか、個人的にはこの駅が出来ると非常に便利になるので楽しみにしています。

京成の青電

Image1 この車輌の事は余り意識していなかったのですが、久々に京成千葉線に乗ったら撮影する事が出来ました。これ以外には、ファイアーオレンジの車輌も走ってました。いわゆる「赤電」は本日は余所に行っているのか休んでいるのか、撮影は出来ませんでした。

2010年1月 1日 (金)

年下の友人5

Image1 正月はご飯を貰うルートが細るんじゃないか、とまぁ、余計な心配をしています。要領は良さそうなので、それほどヒモジイ思いはしていないんだとは思いますが、、、。この写真の「姐御」の他にオミソの取り巻きが数匹いまして、やはりオミソくん達の方が細身です。結局は、姐御がたっぷり食べ物にありつけないと、オミソくん達への分け前が充分に行き渡らないと、要するにそのような社会構造になっているのだと思います。んなわけで、今日は休日出勤して姐御にご飯をあげに行ってきます。ご苦労様>自分。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

大晦日に年越し蕎麦を食べた後で、家内と一緒にちょっとビールを飲んだら、、、私はかなり酒に弱い方なので直ぐに寝てしまいました。まぁ、いつもの事ではあるのですが、目が覚めたら年が明ける直前でした。今年は勤務先の経理担当者から「給料が払える確率は20%しかありません」と言われる始末で前途多難な1年となりそうです。どうなりますことやら。

2009年12月25日 (金)

イオンの国産若鶏の丸焼き

結論から言えば、非常に美味しかったです。中までしっかり味は付いているし、この内容で980円で売られてしまったのでは、大抵のスーパーマーケットの鶏肉売り場?に勝ち目はありません。拙宅周辺ではオリンピックやいなげやなどでも似たような企画商品はあるのですが、どうしてもイオンのチキンの前では霞んでしまいます。この辺りは、企業規模の大きさには抗いようが無いみたいです。

2009年12月24日 (木)

年下の友人4

Cat 写真を未だ公開していませんでしたので、、、この子が、最近私が仲良くしているおんにゃの子です。結構美形ですが、ちょっと焼き餅焼きです。

2009年12月22日 (火)

全ての食卓にチキンは降ってくるか?

イオンのTV-CMに釣られて、国産若鶏のローストチキンを買ってみました。1羽まるごとで980円ですからなんとも安い事は間違いありません。但し、手羽先や頭部の切断面というか切り口は明確に見えるので生前が忍ばれてしまうと言うか、、、こんなものをウハウハ喜んで買ってくるのですから人間は残酷です。「お前も丸焼きになってみろ」とあの世で若鶏がつぶやいているかも。

横須賀線武蔵小杉駅

暫く前に報道発表があったようで、開業日は2010年(平成22年)3月14日、横須賀線・湘南新宿ライン・NEXは全部停車、踊り子も1往復停車になるそうです。今まで武蔵小杉には東横線の特急・通勤特急しか止まらないという惨状(笑)だったので、なんとも画期的な話です。私自身としては、湘南新宿ラインが止まるようになったら、通勤コースを変えても良いかな、と思っています。但し問題は、私の場合は直ぐにグリーン車に乗りたがる体質なのでグリーン料金で破産してしまいそうです。名鉄並みの料金のミューチケットで。湘南新宿ラインにも乗れればいいのに、、、。

«京成の新AE車